【初心者向け】webライティングに必要なSEOの基礎知識

SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語で「検索エンジン最適化」という意味です。簡単に言うと、webサイトを狙った検索キーワードで上位表示させるための施策のことを指します。SEOはwebライティングにも深い関係があるものです。既にライターとして活動している方も、これからという方も、求められる記事が書けるwebライターになるために、SEOについて知っておきましょう。

検索エンジンの仕組みとSEO

Google・Yahoo!などをはじめとする検索エンジン。知りたいことが簡単に調べられるので便利ですよね。
検索エンジンは、ユーザーが何を知りたがっているか検索ワードから考え、疑問に対する答えが載っている可能性が高いぺージを、検索結果という形で教えてくれます。検索結果には常に順位が付けられ、答えが載っている可能性が高いものから順番に上位表示されます。

SEOをする多くの企業は、自社が扱っている商品ジャンルなどの検索ワードで、自社サイトを上位表示させたいと思っています。なぜなら、上位に表示された方が広告効果が高いからです。

「何かを知りたい」と思って検索した時に、ほとんどの人は1ページ目に表示される10サイトで、知りたい情報が見つかってしまうのではないでしょうか?この行動からも分かるように、2ページ目以降の情報は、ユーザーの目に留まる機会が極端に少ないのです。そのため、インターネット上でのマーケティングを考えている会社は、ほぼ例外なくサイトの上位検索を狙っています。

とは言え、ユーザーにとって全く価値のない情報が上位表示されてしまうのは考えものです。検索エンジンの運営サイドは、そのようなことにならないように、日々アップデートを繰り返しています。過去には価値のないサイトが検索上位を独占してしまうようなケースもありましたが、現在では検索エンジンの精度が向上し、価値あるコンテンツが正当に評価されやすくなってきています。

SEOのことを「狙った検索キーワードで、webサイトを上位表示させるための施策」と表現しましたが、現在では「良質なコンテンツを作る方法」「良質なコンテンツを適切な検索順位にする手法」のことを指すようになってきています。

SEOとwebライティングの関係

現在、SEOはテキスト(文章)で行うのが主流です。そのためSEOのことを理解して、適切な記事を書けるwebライターには、非常に多くの需要があります。当サイトから依頼するwebライティングのお仕事も、多くはSEO用の記事作成となっています。では、SEOのことを考えた記事とは一体どのようなものなのでしょうか?ほとんどの案件に当てはまる、基礎的な部分をご紹介します。

メインキーワードが自然に使用されているコンテンツ

まず「記事にキーワードが入っている」ことは最も大切です。SEO用の記事は、対策したい検索ワードを盛り込むのが一般的です。SEOの施策を提供している会社によって「何回使用するのが良い」という意見は異なりますが、現在では「出現率はそれほど重要ではない」という考え方が主流になってきているようです。
ただ、基本的にキーワードは記事を書くための大テーマなので、特に意識しなくても使用しているでしょう。本当に気をつけたいのは、不自然に出現回数が多くなることです。
「出現率はそれほど重要ではない」と書きましたが、あまりに多すぎるとスパムだと判断されてしまう可能性があります。読んでいて自然に感じる程度に使用回数に抑えるのがベストです。

共起語が自然に盛り込まれているコンテンツ

「共起語」という言葉は聞き慣れないかもしれません。簡単に言うと「メインキーワードに関連する単語」のことです。

例えばパソコンについて書いているのなら、

「PC」
「用品」
「モデル」
「製品」
「デスク」
「機器」
「デスクトップ」
「ノート」

これらが共起語になります。共起語は、本来文章を書く際に自然に発生するものです。自然に発生するものであるがゆえに、記事中に含まれていないのは不自然と判断されてしまう可能性があります。

規定文字数をクリアするためだけに薄い情報を引きのばした記事や、逆に共起語を盛り込むことが目的になって話があちらこちらに飛んでしまうような記事は、検索エンジンに価値がないと判断されかねません。記事を書く際には「自然な話題の展開」を意識するようにしましょう。そうすれば共起語は自然と含まれてきます。不安な場合は、専用のツールで一度調べてみるのがオススメです。

共起語検索調査ツール(サクラサクマーケティング)
https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

関連キーワード取得ツール
http://www.related-keywords.com/



しっかり読まれるコンテンツ

検索順位にはコンテンツの「滞在時間」「読了率」が深く関係していると言われています。滞在時間の長さと読了率の高さは、読者に読みこまれている証となり、読みやすさ、内容、構成等々を総合して、「それだけ価値があるコンテンツ」と評価してもらいやすくなります。

この二つの評価を上げるには、意識しなければならないことが非常に多くありますが、ちょっとした工夫で改善できる部分もあります。

・記事の冒頭に疑問への答えを載せる(PREP法を使う)
・箇条書きを使う
・意味の変わり目で改行や一行空けを挿む
・きれいな見栄えする画像を使う

例えばこの4つは比較的簡単に取り組めますが、あるとないでは読みやすさや魅力が大きく変わります。これらが禁止されていない案件では、積極的に使ってみてください。

まとめ

Googleのアルゴリズムは、度々アップデートされてきました。その度に、必要とされる記事クオリティは上がっていきましたが、それは今後も続くと考えられています。SEOのことを頭の片隅に置いて、「自分はどんな記事を書くべきか」「どんな記事が求められているのか」と一度考えてみてください。

関連記事

なぜ文章がお金になるの?webライティングで報酬がもらえる仕組み

webライター・在宅ライターはどんなところで募集している?