【ライター体験談】「『自分の文章でお金が稼げた』という大きな喜びがありました」

※文中では、提携先の表記がエストリンクス(BOOOONの運営会社)となっています
※Q&A形式になっています

名前:平林
年齢:30代
性別:女
平均月収:25万円
作業時間(週間):40時間
ライター歴:約 6年(独立後3年)
得意ジャンル:保険、雇用、マネー
経歴
メーカーの総務部で人事・労務関係の仕事に携わる。
結婚を機に退職後、バイトの傍ら在宅ライター業務を開始。後に専業ライターとして独立。
現在は、ジャンル・媒体を問わず幅広い執筆を行っている。

 

Q.エストリンクスの提携ライターとして働き始めたきっかけをおしえてください

ライター募集サイトにて求人案内を拝見し、応募したのがきっかけでした。専業ライターとして独立したばかりの駆け出しだった私をご採用くださり、それから継続的にお仕事をご一緒させていただいております。

当時、ネット上での事務的なやりとりのみで完結する仕事しか経験のなかった私に、ご丁寧にお電話をくださったり、直した方がよいところをお知らせくださったりと、大変親身なご対応をいただきました。

現在はご担当者様が変わり、メールでのやりとりが主になりましたが、今も当時のことは大変感謝しております。

Q.WEBライターをしていて印象に残っている出来事はありますか?

やはり、書いたものをお褒めいただいたり、よかった、次もお願いしたい、とおっしゃっていただけるのがとてもありがたく、嬉しい記憶として残っております。

また、ライターとして最初に報酬が振り込まれたときも、「自分の文章でお金が稼げた」という大きな喜びがありました。

Q.現在の目標と、仕事で気を付けていること・報酬をアップするための工夫などを教えてください。

仕事上で気を付けていることは、「ご依頼主様の意図を理解する」ということです。「Aについて書いてほしい」というだけでは、具体的にどのような内容で、どういう結論に結び付けたいのかということがわかりません。客観的な分析なのか、用語説明なのか、それともAの販売促進のための広告文なのかによって、求められる文章構成は変わってくるでしょう。

ただ規定の文字数が埋まっていればよいというのではなく、ご依頼主様の意図に沿った文章を組み立てられるように心がけています。
今後は、このような心がけを徹底していくことで、リピート率や報酬をアップしていきたいと考えております。

また、ご依頼を安易に受けたり、断ったりするのではなく、自分の能力と割ける時間、内容に見合う単価であるかどうかなどを総合的に検討した上でご相談させていただくようにしています。

Q.エストリンクスの仕事についてどう思いますか?

エストリンクス様とお仕事をする上で、一番ありがたいと思っている点に、「継続的である」ということが挙げられます。

私は副業としてではなく、専業ライターとして働いているため、ライティングのご依頼がいただけなければ、即収入が途絶えてしまいます。しかし、ご依頼をくださる会社様と私は雇用関係にあるわけではありませんから、通常、「収入がないので仕事をください」とこちらからお願いしてご依頼をいただくわけではありません。ご依頼主様のお手元に案件があった場合にのみお声がかかるのが一般的かと思います。

そんな中、エストリンクス様は非常に多くの案件をお持ちで、ほぼ途切れることなく次のご依頼をくださっています。時折、内容的に力不足であるといった理由から、お仕事を辞退させていただくこともあるのですが、そのような場合でも、すぐにほかのお仕事をご提案くださり、手が空いてしまうことがありません。

また、質問や要望にもすぐに柔軟なご対応がいただけるので、安心して執筆を進めることができます。



Q.これからWEBライターになろうと思っている人へアドバイスをお願いします

現在、WEB上にはライティングの依頼がたくさんありますし、「WEBライティングでお金を稼ぐ」ということ自体は、誰にでもすぐに実現できることだと思っています。しかし、一定金額以上を継続して稼いでいくには、困難もあると感じています。

周囲に同僚や上司がいるわけでもない、在宅という場でモチベーションを維持し、定期的に文章を書き続けるのは、思った以上に大変なことでした。もちろん、自らを律するのが得意な方にとっては、簡単なことなのかもしれませんが、やはり、孤独を感じたり、つい家のことにかまけて執筆時間が取り辛くなるということは、多くの在宅WEBライター様が感じていらっしゃることだと思います。

反面、自分の自由な時間に、好きなだけ仕事ができるというのは、とても大きな魅力でもあります。私は犬を多頭飼いしているのですが、彼らと離れることなく、自宅で仕事ができるというのは非常にありがたいことです。介護が必要になったときも、フルタイムの仕事ではないからこそ、大きな問題もなくしっかり面倒を見続けることができました。

WEBライターを始めるのは簡単です。やってみようと思われている方は、ぜひ飛び込んでみてください。その上で、ご自身のライフスタイルや性格とお仕事内容が合っているかどうか、ご判断なさってみてはいかがでしょうか。

いつか、どこかで同じライターとしてお仕事をご一緒させていただく日がくるのを楽しみにしております。