修正が発生するケースの紹介

納品いただいた記事の社内でチェックで、品質が基準に達していないと判断した場合、修正を依頼することがあります。BOOOONから依頼した案件で修正対象となる記事に関して紹介します。

修正となる可能性があるケース

レギュレーション違反

各案件には、キーワード回数、文字数をはじめ、作成にあたり守ってほしいルール(レギュレーション)が用意されています。レギュレーション違反が多い記事は修正対象となる可能性があります。

指定の内容が書かれていない

案件によっては、記事毎に見出し本文の内容が指定されていることがあります。指定されている内容が書かれておらず、大幅な書き直し等が必要になる場合は修正対象となる可能性があります。

類似・重複

参考サイトとの著しい類似、他の納品物との類似・重複(他のライター様との類似は不問)、1記事内で同じ内容を繰り返し書くなど、類似や重複が見られる場合修正対象となる可能性があります。自身の過去納品物を改編せず再度納品するのも禁止しています。

著しく不自然な文章

多少のねじれ文や誤字は許容範囲ですが、手直しができないほど崩れた文章(意味が全くとおらない文章)や、機械が書いたような文章となっている場合、修正対象となる可能性があります。

明らかに不適切な内容

犯罪者の賛美・称賛、特定の個人・団体への意見、誹謗・中傷など、常識的に考えて不適切と思われる内容は、たとえレギュレーションで決められていなくても修正対象となります。

悪質なエラーがあった場合

チェックのすり抜けを狙った悪質なエラーが発覚した場合、対象記事の支払いができないことがあります。また、その後の発注を停止させていただく可能性もあります。悪質なエラーには以下のようなものがあります。

・別の記事をコピーして文頭だけを書きかえている
・「ああああああああ」など意味のない文字の羅列
・その他常識から逸脱した行為※

※過去の事例⇒2000文字を5段落で自由に配分して良いという案件で、ひとつの段落が1800文字、残りの4段落が計200文字となっていることがありました。

修正ができない場合

時間が合わない、どのように修正すればよいか分からないなど、諸事情により対応ができない場合、辞退すること自体は可能です。
ただし、部分的な修正が必要な場合は減額、記事全体の書き直しが必要な場合は支払い不可とさせていただくことがあります。

軽微なエラーは社内で修正しています

修正対象となるエラーに関して詳しく紹介しました。基本的に軽微なエラーはチェックスタッフが修正をしています。大きな改編が必要になる場合や、レギュレーションを理解できていないと判断した場合以外は、高単価案件でない限りほとんど修正依頼を出すことはありません。修正作業が発生すると余計な時間がかかってしまいますし、予定も狂ってしまいます。スムーズに案件に取り組めるよう、ぜひレギュレーションを読みこんでから、ライティングに取り掛かってください。