なぜ文章がお金になるの?webライティングで報酬がもらえる仕組み

まだwebライターになって間もない方や、webライティングをしたことがない方は、「なぜ記事を書くことでお金がもらえるの?」と疑問に思うかもしれません。この記事では、そんな疑問を持った方に、webライティングで報酬が発生する仕組みを解説しています。

販促やブランディングには文章が必要不可欠

「なぜ記事を書くことでお金がもらえるの?」に対する答えは簡単です。それはさまざまな企業が、記事を必要としているからです。

インターネットの利用率は年々上昇しています。2015年末の時点で、日本人のインターネット利用率は83.0%、利用者数は1億46万人にも上ります。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc252110.html

インターネットは日本人にとって既に一般的なものであり、企業も自社のホームページを整備することが当たり前になりました。また、ビジネスを始めるにあたって初期投資が少なくて済むとあって、個人でのwebビジネスも加速度的に発展しています。

こういった状況なので、当然商品の販売者はwebでの販売促進活動を考えます。そして、webでの販売促進には、自社サイトや特設サイトが必要です。このとき、web担当を設けている企業は社内でサイト制作ができますが、時間的な余裕がなかったり、より集客力の高いサイトを作りたい企業は、サイト制作を外注することになります。

そこで必要になるのが記事や文章です。普段目にするサイトも、見る機会がないサイトも、販促に使われているサイトには何らかの形で記事や文章が使われています。

こういった「記事が欲しい」という需要が、当サイトをはじめとする記事作成専門の会社に集まり、最終的に在宅ライターさんや、プロのライターさんへ届くという形になっているのです。

webサイトの種類とそれぞれの役割

webサイトにはさまざまな種類がありますが、ライターさんが書いた記事は、ほとんどの場合どこかしらのwebサイトに掲載されます。
サイトの種類ごとにライターさんの仕事を見てみましょう。

コーポレートサイト

企業の公式ホームページです。訪問者に対して、会社の状態や理念をオープンにすることで、安心感を与えるのが主な役割です。数値や理念など、既に決まっている部分は企業側で用意しますが、例えば「社長へのインタビュー記事を掲載したい」「web担当者がいないので公式ブログの更新を代行してほしい」といった要望があったとき、webライターさんの力が必要になります。

ランディングページ

特定の商品に対して、読者の購買意欲を高めるために作られるwebページです。一般的に1ページで完結する縦に長いページのことをランディングページと呼びます。ページ上で購買に結び付けるのが目的です。
商品の魅力やメリットを知っているだけでは、売れる文章(良いコピー)は書けないため、単純に「売れる文章を書いてほしい」という要望に対し、高いスキルをもったwebライターさんが必要になります。

メディアサイト

同じテーマのコンテンツを集めたwebサイトのことです。当サイトの運営元である株式会社エストリンクスも、「miteco」というメディアサイトを運営しています。mitecoは「静岡」というテーマのコンテンツを集めたメディアサイトです。
メディアサイトによって目的は違いますが、「運営元企業のブランディング」「サイト自体でのマネタイズ」「商品の販売」などが主なものです。
PV(ページビュー)数のアップを目標としている場合が多いため、読まれる記事を書けるライターさんや、各メディアのポリシーを理解して書けるライターさんが必要になります。

サテライトサイト

特定のwebサイトの検索順位を上げるために作られるサイトです。ほとんどの場合、検索順位を上げたいサイトへのリンクを貼るためだけに作られるので、文章に求められるクオリティが上記の3サイトより高くないのが特徴です。

ひとつのテーマに関する情報を、指定の文字数でまとめることができれば問題ありません。特別なスキルをもっていなくても書くことができますが、これも立派なwebライターの仕事です。

※サイトの種類は上記以外にも多数あります

難しい案件の方が当然報酬は高い

では、報酬の金額がどのように決まっているかについてですが、大前提として難しい案件の方が当然報酬は高額になります。逆に1記事に持たせる価値が低い案件や、実績がないwebライターさんでも書ける記事は安くなります。

上記のwebサイトの種類で言えば、ランディングページやコーポレートサイトの記事は高く、サテライトサイトは安いといった具合です。

一流のプロは、記事1本で数十万ということも珍しくないため、地道にスキルアップしてプロを目指してみるのもおもしろいかもしれませんよ。

まとめ

webライティングで報酬が発生する仕組みと、報酬額に関して解説しました。当サイトに応募してくれた方に最初にお願いするのは、比較的簡単な記事の作成です。説明した通り特別なスキルは必要ないため、軽い気持ちで応募していただくのもOKです。

関連記事

収入アップに効果テキメン!記事の質を下げずにライティングスピードを上げる方法

webライター・在宅ライターはどんなところで募集している?