【ライティング効率化の小技】ctrl+Z(元に戻す)

ctrl+Zは元に戻すのショートカットキーです。ショートカットキーを使わない場合、ボタンが小さいため押し間違えてしまうことがありますが、ctrl+Zならその心配がありません。

利用できる場面

・誤ってデータを消してしまった時
・書き加えた文を元に戻したい時
など

ctrl+Zの使い方

1. 元に戻したいファイルが、ディスプレイの一番前に来るようにします(対象のファイルをクリックすればOK)。

2. ctrl+Zを入力すれば、選択したファイルがひとつ前の状態に戻ります。

 

戻りすぎてしまった場合

ctrl+Zで戻りすぎて、必要なデータまで消えてしまった場合、ctrl+Yで元に戻すことができます。ctrl+Y1回の入力につき、ctrl+Z1回分元に戻ります。

注意点

・エクセルの窓の中で編集を行っている場合、ひとつ前の状態までしか戻すことができません。
・一度保存してファイルを閉じると、保存以前の状態に戻すことはできません。