「webライターってなんだ?」未経験でも働ける仕組みを解説!

未経験でも可能なwebライターの仕事は多数あります。BOOOONも、未経験の方や初心者の方を歓迎しているライター募集サイトのひとつです。

ただ「なんで経験がないのに仕事ができるの?」と疑問をもつ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「未経験でもできる在宅ワークは詐欺ばかり」なんて意見もあるようで、完全に社会的な理解が得られているわけではないんだな、と感じます。

でも、しっかり仕組みを知らないと「怪しい仕事かもしれない」と思うのは仕方ないですよね。

今回はwebライターという仕事がなぜ未経験でも働けるのか、仕組みを解説したいと思います。

webライターは広い意味でつかわれる言葉

「webライター」といえば、ヨッピーさん、ARuFaさんなどが有名ですが、ご存知でしょうか?

こういった方たちは、webを主戦場に、高い企画力、文章力、タレント性を駆使して、サイトに人を集めたり、広告主の商品の販促をしたりするのを主な仕事にしています。これはいわゆるプロのwebライターのお仕事です。

ただ、webライターには、上記のようないわばタレント系のライターさんの仕事から、キャッチコピーなどを作るコピーライティング、役立つコンテンツを執筆するコンテンツライティング、それほど技術力が問われない内職のような仕事まであります。

そして未経験の方にお願いするのは、最後に紹介した「内職のような仕事」です。文章を作るという特性上、内職よりは難易度が高いですが、文章を書くことや読むことに慣れている人ならすぐに慣れるはずです。

「webライター」という言葉は、web上で文章でお金を稼いでいる人、という意味で使われるので、そもそも技術レベルや担当する案件などは言葉の意味に含まれていません。

また、資格が必要ないため「プロライター」という言葉の意味が非常にあいまいです。こういった点も誤解を生む原因になっているかもしれません。

なぜ未経験でもできる仕事があるの?

未経験 なぜ

例えば雑誌で考えてみると、どのページもプロのライターが書いていますし、どのページに載っている文章も一級品です。紙媒体は掲載スペースがどうしても限られるので、限られた人だけが執筆する権利をもっている、というイメージでしょうか。もちろん、雑誌が読者からお金をとっているのも、良質な記事が求められる理由のひとつです。

一方でwebは、無限の広さがある落書き帳をイメージするとわかりやすいと思います。誰もが好きなことを書き込めます。面白い文章や役立つ文章があれば駄文もありますし、書きかけの文章さえも堂々と掲載されています。web自体がそういう性質の空間なので、案件の幅も広くなります。

もちろん「うちに掲載する文章は一流でなければならない」という要望もありますが、「うちはそれほど文章力は気にしないよ」「うちはブログ記事でも構わないよ」という案件もあります。こういった背景があるので、未経験の方でも取り組めるお仕事があるということなんですね。

※ただし、近年はwebの記事も良質なものが求められる傾向が強くなってきています

未経験でいくら稼げるの?

「じゃあ実際いくら稼げるの?」というと、人によって環境やモチベーションが違うので一概にいうことはできません。ただ、BOOOONの提携ライターさんの報酬データを公開しているので興味があればご覧ください。BOOOONは未経験から始めた方もたくさん在籍しているので、ある程度の参考にはなるかと思います。

具体的な報酬のデータ↓
ぶっちゃけwebライターっていくら稼いでるの?報酬別の割合データを公開!

webライター 報酬 割合1

 

 

40%以上の方が5万円以上、50%~60%の方が3万円以上の報酬を得ています。ちなみに育児中の主婦の方や副業の方なども、この層の中にたくさんいらっしゃいます。

未経験の方は、慣れていないこともありますし、なかなか最初から大きな金額を稼ぎ出すのは難しいかもしれません。ただ、書けば書くほど、単価も上がりますし執筆のスピードも上がります。自分で働く時間を選べますし、やったらやった分だけ評価されるお仕事なので、とてもやりがいがあると思いますよ。

どんな人が向いてる?

ここまで「未経験でもできる」という方向性でwebライターについてお話してきましたが、やはり向き不向きはあります。「こんな人は稼げるようになりやすい」というポイントを挙げてみました。1つでも当てはまれば適正は十分だと思いますよ。

文章を書くことに免疫がある

「ブログを運営している」「大学の時に小論文を書いた」「ポエムを書くのが好きだ」などなど、なんでもいいのですが、思ったことや知ったことを文章としてアウトプットすることに慣れている人は、商業文にも慣れやすく成長も早いです。

本やweb上のコンテンツをよく読む

こちらも、小説でもビジネス書でもネタ系記事でもなんでもOK。活字慣れしているということが大切です。未経験の方にお願いする案件は、web上で情報収集できるものがほとんどです。情報源はテキストになるので、活字慣れしている人のほうが情報収集がスムーズに進みます。

デスクワークが得意だ

webライターは文章を作り出す仕事なので、内職のような完全な単純作業とは異なります。ただ、ずっと同じ姿勢で文章を書き続けなければならないので、事務作業のように感じる方もいるかもしれません。過去にデスクワークをしていた経験がある方なら抵抗なく仕事に取り組めると思います。

タイピングがある程度速い

タイピングスピードと記事の執筆スピードは、ある程度比例します。逆に言うと、タイピングが遅い場合、満足できる収入に到達するまでの期間が長期化してしまう恐れがあります。

ちなみに筆者は、今の会社に入社するまで一切パソコンを使ったことがなく、タイピングもすこぶる遅かったです。E-typingというタイピングゲームのランクは、当初E-(一番下のランク)でした。毎日必死でキーボードを叩いていましたが、ランクBまで持ってくるのに2~3か月かかった記憶があります。

ランクEの状態で10時間仕事に取り組んで、1000文字の記事を3記事か4記事書くのが限界でした。仮にその案件の単価から収入を計算すると、到底生活できる収入ではありませんでした。当時ブログなどもやっていて文章自体は書きなれていたので、時間がかかったのはタイピングスピードの遅さによる部分が大きかったと思います。

話が少し脱線してしまいましたが、要は「タイピングが速いほうが結果が出るのが早い」ということです。

まとめ

BOOOONは、未経験の方の応募も大歓迎です。特に女性の方が活躍していて、お子さんがいる主婦の方なども多数在籍しています。webライターさんそれぞれの適性や好みも考慮したうえで依頼するので、安心して働けますよ!

もし少しでも興味を持ってくれたら応募してみてくださいね!

在宅ライター 応募

関連記事

ぶっちゃけwebライターっていくら稼いでるの?報酬別の割合データを公開!

あなたにオススメの在宅ワークはコレ!在宅ワークの種類とそれぞれの特徴

webライターは在宅ワーク。ところで在宅ワークの定義って知ってる?