webライターの必須スキル!リライトはこうすれば上手くなる!

リライトはwebライターにとって必須のスキルと言われています。ただ、サイトURLをポンと渡されて「これをリライトしてください」と言われても、経験がない方はどうすれば良いか分からないですよね。

というわけで、今回はwebライティング初心者向けに、リライトをする際に気をつけたいポイントや、具体的な方法を説明したいと思います。

リライトとは

リライトとは、もともとある文章を、意味を変えずに書き換えることを言います。コピーコンテンツにならないようにリライトするスキルは、webライターにとって必須と言われています。

リライトの目的

新しい価値

リライトの本来の目的は、原文を参考に新しい価値を持ったコンテンツを作りだすことです。

冒頭では「もともとある文章を、意味を変えずに書き換えること」と説明しましたが、実際にはライターさん自身の見解を加えたり、対象読者に合わせた表現を使ったりすることで、「ユニークな文章を作ること」がもっとも大切な部分なんです。

「てにをは」を変えたり、文章の前後を入れ替えたりするだけでは、当然新しい価値が生まれているとは言えませんし、最悪の場合著作権侵害になることもあるので注意が必要です。

特に、事実に対する考察や感想は、原文を書いた人独自のものなので、必ず違う内容か、同じ内容でも読者が違う見方ができる内容に変更する必要があります。

原文に書かれている内容をよく理解する

理解

リライトのテクニックの説明をする前に、必ず理解しておきたい基本中の基本をご紹介します。

リライトをする前に、原文は単語単位でしっかりと理解するようにしましょう。

それこそ、意味だけでなく用法も把握して、文中に登場させる時も自然に使用できるようにします。
分からない単語を分からないままにしておくと、結局原文と同じ表現の連続になってしまう可能性が高いためです。

特にBtoB(企業向けに製品を販売する企業)の商品を紹介する案件などは、専門用語が頻繁に登場するので「調べるのメンドクサイ……」という気持ちも分かります。

でも事細かに理解できていれば、別の表現に置き換えて説明できますし、どの部分を詳しく説明すれば読者にとって分かりやすくなるのかも明確になるので、リライトしやすくなりますよ。

時間はかかりますが、この部分がクリアできると、リライトだけでなく他の案件でも質の高い文章を書けるようになります。

リライトの具体的な方法

リライトの方法

案件のレギュレーションには、以下のような指示がよく書いてあると思います。
「接続詞や語尾を変えただけの文章はNG」

webライティングの経験が少ない人からすると、これだけでは正直どうすれば良いのか分からないですよね。
具体的には以下の点に気をつけると、リライトの完成度が上がります。

方法1 専門的な言葉をかみ砕く

上記でも少し触れましたが、webライティングをする際には、様々なジャンルの専門用語が頻繁に出てきます。専門用語は意味をしっかり理解した上で、読者に分かりやすく噛み砕いて説明してあげます。

用法を間違えると、途端に素人感が出てしまうこともあるため、しっかりと調べるようにしましょう。

専門用語を噛み砕くにあたって、ターゲットとなる読者がどの程度そのジャンルについて詳しいかも考慮してあげてください。

例えば「手術」の説明をするのに、「メスとは」「麻酔とは」という説明はいりませんよね?でもターゲットが子どもならその説明も必要かもしれません。

時間がかかる割にあまり文字数の足しにならないことも多いのですが、ライターの心構えとしてとても大切な部分です。

方法2 事実に対する考察を変える

記事は多くの場合「事実」と「事実に対する考察」で構成されています。事実は変えられませんが、事実を違う角度から見るとまた違った内容になります。

その文章が持つ意味が変わってしまうため、厳密にはリライトの定義から外れてしまうのですが、新しい価値を持ったコンテンツになることもあって、好まれるケースの方が多いです。

方法3 原文より丁寧に説明・深掘りする

原文の説明が不十分な場合があります。例えば、「なぜその商品が良いのか」についてはその商品の強みを並べれば説明できますが、「なぜその商品が一番良いのか」を説明するためには他の商品との比較が必要になります。

説明の仕方が適切ではなかったり、情報が不十分であったりすることは意外によくあるんです。この部分を補うだけでも内容重複は回避できますし、場合によっては原文よりも価値の高い文章にすることができるでしょう。

方法4 ターゲットを変えて書く

誰に向けているかを変えて書くと、自然と原文とは違う文章になります。例えば男性には理論的な文章のウケがよく、逆に女性には感情に訴えかける文章がウケると言われています。

化粧品の紹介であれば、男性は「この成分が体にこう作用して、こういう反応が起きるから肌にいい」という論理的な説明が好きですが、女性は「かわいい」「きれい」という感覚的な説明や、ビジュアルの美しさを好みやすいというものです。

もともと男性向けに書かれたものを女性向けに書き直したり、その逆をしてみたりすると、同じ内容でも押しだす部分がかなり変わってきます。

また、ターゲットをかえることで、「その商品を購入する理由」が変わる場合もあります。

上記では、化粧品を例に出しましたが、男性と女性が同じ化粧品を買うということはめったにありませんよね。

例えば女性向けの化粧品を男性向けに書くと、「奥さんや彼女への贈り物を紹介します」という紹介の仕方になるでしょう。

ターゲットを変えるだけでこんなにいろいろな変化が起きるので、似た文章であっても全く意味の違うものに仕上がりますよ。



やってはいけないこと

NG

リライトをする際に、絶対にやっていはいけないことが2つあります。

原文をテキストファイルに貼り付けて組み替える

インターネット上にある文章をコピー、それをワードやテキストに貼り付けて組み替える、という行為は、ラクチンですが絶対にしてはいけません。余分な文字を打ち込む必要がなくなるので記事の完成は早くなりますが、理解できていない部分がそのままになる可能性が高く、結局原文とほとんど変わらなくなってしまいます。

1つの参考サイトのみで書く

1つの参考サイトだけを基にして記事を執筆した場合、情報の深さや情報同士の結びつき方が原文と同じになってしまう可能性が高いです。コピーチェックには掛からなくても、新しい価値は非常に生まれにくくなります。記事を書くときには、メインとなる情報源を3つ以上用意してみてください。

まとめ

いかがでしたか?最初はとにかく「参考サイトに書かれている内容を隅々まで理解すること」が最も大切です。ここの手を抜いてしまうと、後の細かなテクニックも活きてこないので、まずは原文を読みこむことから始めてみましょう。

関連記事

リライト

【要注意】コピぺが絶対禁止な理由とコピーコンテンツによる被害

そのソースで本当に大丈夫?Webライティングにおける正しい参考サイトの選び方